愛知県豊橋市で胃酸過多の治療なら渥美線高師駅近くのかどむら鍼灸院へ

はり適応症・対応疾患「胃酸過多」

胃酸過多

 胃酸過多とは、胃酸が通常よりも多く分泌されることを言います。胃酸は食べたものを消化するために必要不可欠なものですが、必要以上に分泌されてしますと、様々な不快な症状を引き起こします。
 では、胃酸過多の症状や原因を見ていきましょう。

胃酸過多の症状

 胃酸過多になると、空腹時などにも胃酸が分泌されてしまうようになります。胃の中の酸度も高くなり、以下のような症状が起こります。

・胃もたれ
・胸やけ
・口臭
・げっぷ
・胃痛
このような症状がある場合、胃酸過多の恐れがあります。

胃酸過多の原因

ストレス

 ストレスを過度に感じていると、自律神経のバランスが乱れます。胃酸の分泌も自律神経の働きによって分泌量が調節されています。よって、ストレスが原因で胃酸過多が起こるようになります。
 また、朝の起床時に手がこわばるという症状も出ます。

食生活

 刺激の強い食事は胃酸を多く分泌させます。香辛料や酸っぱいもの、コーヒー、アルコールなどは胃酸の分泌を促進させます。また、揚げ物も原因になります。

胃酸過多の治療法

ストレスからの解放

 仕事などでなかなか避けられないストレスもあると思いますが、ストレスとなるものがあればなるべく減らしましょう。また、好きな音楽を聴いたり、お出掛けしたり、自分なりのストレス解消法があると良いです。
ただ、ストレス解消で暴飲暴食はしないようにしましょう。

食生活の改善

 胃のトラブルに食生活の改善は必要不可欠です。乱れた食生活は心の乱れにも繋がり、ストレスにも弱くなるので、悪循環になってしまいます。普段よりも少食を心掛けて胃を休め、健康的な食生活にすることで、ストレスに強い心を作りましょう。

十分な睡眠

 胃の働きは自律神経が関わっています。その自律神経のバランスを整えるためには、十分な質の良い睡眠が必要です。睡眠前3時間は食事を控えましょう。

禁煙

 タバコを吸うと血管が収縮します。胃粘膜にある血管も収縮し、血流が悪くなり、胃粘膜の抵抗力が悪くなります。また、胃酸の分泌を促進させてしまいますので、胃痛を起こしやすくなります。
健康のためにも、禁煙を心掛けましょう。

鍼灸治療

 鍼治療はリラックスする神経(副交感神経)を高め、自律神経のバランスを整えてくれます。ストレス解消、良い睡眠、胃腸の働きを良くするのに鍼灸治療は有効です^^
免疫力も高まりますので、お悩みの際は是非ご相談ください。


■かどむら鍼灸院(東洋医学研究所®グループ)
■院長/角村幸治
■住所/豊橋市上野町字新上野22-4
■TEL/(0532-47-2577)
■駐車場/院前に1台、裏に3台あります。
■交通/
・豊橋鉄道 渥美線「高師駅」より東へ徒歩10分
・松崎病院前バス停より西へ徒歩4分
・スギヤマ薬局すぐ前

診療時間
午前9:00〜12:00
午後5:00〜7:30

★午前9:00~12:00  ★午後5:00~7:30
休診/木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
お電話で診療ご予約承ります。お気軽にご相談ください。

86.45%