愛知県豊橋市で関節炎の治療なら渥美線高師駅近くのかどむら鍼灸院へ

はり適応症・対応疾患「関節炎」

関節炎

 関節に炎症が起きているものを総称して関節炎といいます。関節炎を起こす病気は様々です。病気の種類によっては関節の腫れや痛み以外にも症状が現れます。

関節炎の症状

 関節部分に痛みや腫れ、浮腫、関節水腫などが起きます。また、場合によっては発熱や体重減少といった全身の症状が起こることもあります。

●関節炎の代表的な病気

関節リウマチ

 関節に炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されて徐々に関節の変形も起こしてしまう自己免疫疾患です。腫れや激しい痛みを伴い、関節を動かさなくても痛みがあることや左右の関節で症状が出やすいことが特徴です。
 また、朝の起床時に手がこわばるという症状も出ます。

変形性関節炎

 年齢を重ねるとともに関節の軟骨が変形したりすり減ってくることで、炎症を起こします。股関節、膝関節、手関節、脊椎などによく見られ、痛みや腫れ、骨の過増殖、こわばりなどが生じます。
 症状は少しずつ進行し、関節の動きが悪くなっていきます。

細菌性関節炎

 化膿性関節炎とも呼ばれ、細菌が血液を介して関節内に侵入したり、外傷による感染、手術などによって、炎症や化膿を起こすものです。
 小さなお子さんや高齢者のような、抵抗力の弱い方に発症しやすいです。

ウイルス性関節炎

 細菌性と同様に、血液を介する場合や外傷、手術などによってウイルスが入り込むことで起こります。
 数時間から数日以内に、痛みや腫れ、発熱が起こります。

痛風

 血液中の尿酸値が上昇する高尿酸血症が原因となり、関節などの組織に尿酸ナトリウム結晶が沈着し、急性関節炎、腎障害、痛風結石、狭心症などの多臓器不全を引き起こします。
 痛風では、炎症や激しい痛みが断続的に起こります。男性に多くみられる病気です。

アドバイス

 この他にも関節炎を伴う病気はあります。様々な病気がありますが、根底には生活の乱れによる免疫力の低下があることが多くあります。先ずは生活習慣を整えて免疫力を高めましょう。  

 当院に来院している関節炎の患者様の中には痛みや炎症に対して楽になったよ^^といってくださる方は多くいます。
 また、合わせて免疫力・自然治癒力を高めますので、お困りの際は是非ご相談ください。


■かどむら鍼灸院(東洋医学研究所®グループ)
■院長/角村幸治
■住所/豊橋市上野町字新上野22-4
■TEL/(0532-47-2577)
■駐車場/院前に1台、裏に3台あります。
■交通/
・豊橋鉄道 渥美線「高師駅」より東へ徒歩10分
・松崎病院前バス停より西へ徒歩4分
・スギヤマ薬局すぐ前

診療時間
午前9:00〜12:00
午後5:00〜7:30

★午前9:00~12:00  ★午後5:00~7:30
休診/木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
お電話で診療ご予約承ります。お気軽にご相談ください。

86.45%