愛知県豊橋市で三叉神経痛(さんさしんけいつう)の治療なら渥美線高師駅近くのかどむら鍼灸院へ

はり適応症・対応疾患「三叉神経痛」のご案内

三叉神経痛(さんさしんけいつう)

 三叉神経痛とは、顔に痛みが出る病気です。三叉神経という、顔の感覚(温度や痛み、触覚)を脳に伝える神経による痛みのため、三叉神経痛と言います。その症状には、いくつか特徴があるので、以下でご紹介します。

症状

 顔に強い痛みが出ます。突然刺すような痛みが走ります。痛みは一瞬であり、数秒のものがほとんどで、長くても数十秒です。洗顔や化粧、ひげそりなどで痛みが走ることが多くあります。また、食べ物を嚙んだりする動作でも痛みが出ることもあります。季節によって痛みが変動するのも特徴の一つです。

原因

 多くの場合、血管が神経を圧迫することが痛みの原因となります(約90%)。腫瘍による圧迫が原因になることもあります(約8%)。また、稀ではありますが、脳動脈奇形という病気が原因になることもあります(約0.5%)。

治療方法

 薬による治療や、手術によって神経を圧迫している血管を神経から剥がし、血管を移動させる事で、痛みが出ないようにする方法があります。このような治療は少し怖くて痛みを我慢しているという方もおられると思います。そのような方や、病院で治療をしても良くならない方は、鍼治療を受けてみてはいかがでしょうか。
 当院で行っている鍼治療は、鍼は細いので痛くありませんし、自然治癒力を高めながら三叉神経痛に対する治療を行います。
 上記のような症状でお困りの際は、是非一度ご相談ください。


■かどむら鍼灸院(東洋医学研究所®グループ)
■院長/角村幸治
■住所/豊橋市上野町字新上野22-4
■TEL/(0532-47-2577)
■駐車場/院前に1台、裏に3台あります。
■交通/
・豊橋鉄道 渥美線「高師駅」より東へ徒歩10分
・松崎病院前バス停より西へ徒歩4分
・スギヤマ薬局すぐ前

診療時間
午前9:00〜12:00
午後5:00〜7:30

★午前9:00~12:00  ★午後5:00~7:30
休診/木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
お電話で診療ご予約承ります。お気軽にご相談ください。

86.45%