愛知県豊橋市であご関節症の治療なら渥美線高師駅近くのかどむら鍼灸院へ

はり適応症・対応疾患「あご関節症」

あご関節症

 顎関節症は口が大きく開かない、あごが痛む、あごが鳴るという3大症状がでます。一生のうちに経験する人は2人に1人と言われており、女性に多い症状です。子供から年輩の方まで幅広くみられますが、特に多いのが20〜30歳代の女性と言われています。
 硬い食べ物を食べたら顎が痛くなったが、そのうちに良くなった、という軽いものから、口を開けるのが難しく食事をするのに影響がでたり、めまいや精神症状がでるなど重症な症状まで様々です。

原因

かみ合わせの問題だけではなく、様々な原因が重なり合って顎関節症になると考えられています。

① 歯をくいしばる、歯ぎしり、歯をカチカチならす 歯をくいしばったり、歯ぎしりをすることで顎の筋肉が硬くなることでおこり、顎関節症の最大の原因と言われています。

② ストレス
 仕事や家庭などでストレスを強く受けることにより、気がつかないうちに歯をくいしばったり、夜に歯ぎしりをしたりすることや、顎の周りの血液循環がストレスにより悪くなることで顎関節症の症状を引き起こすことがあります。

③ そしゃくの偏り
 噛むことは右でずっと噛んでいたり、左でずっと噛んでいたり、人によって癖があります。その偏りが強すぎると顎の筋肉が片方だけ緊張して顎の筋肉のバランスが悪くなり、顎関節症の症状を引き起こすことがあります。

④ 顎の筋肉に負担がかかる癖
 いつも同じ頬杖をつくことや、同じ体勢のうつぶせ寝など、顎に慢性的に偏った刺激が繰り返されることで顎関節症の症状を引き起こすことがあります。

アドバイス

 顎に負担がかかっている生活習慣を見直してみましょう。鍼灸治療では、顎の筋肉を直接刺激することによって顎関節症の症状を良くすることができます。顎関節症でお困りの時は痛くなく、副作用のない鍼灸治療を一度試してはいかがでしょうか


■かどむら鍼灸院(東洋医学研究所®グループ)
■院長/角村幸治
■住所/豊橋市上野町字新上野22-4
■TEL/(0532-47-2577)
■駐車場/院前に1台、裏に3台あります。
■交通/
・豊橋鉄道 渥美線「高師駅」より東へ徒歩10分
・松崎病院前バス停より西へ徒歩4分
・スギヤマ薬局すぐ前

診療時間
午前9:00〜12:00
午後5:00〜7:30

★午前9:00~12:00  ★午後5:00~7:30
休診/木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
お電話で診療ご予約承ります。お気軽にご相談ください。

86.45%