愛知県豊橋市で高血圧の治療なら渥美線高師駅近くのかどむら鍼灸院へ

はり適応症・対応疾患「高血圧」のご案内

高血圧

 日本では4300万人が高血圧であり、30歳以上の男性60%、女性45%が高血圧といわれています。

日本高血圧学会では、収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上と定められています。血圧は文字通り血管の中を流れる血液が血管の壁に与える圧力のことです。

血管の壁は弾力があって柔軟性があるので血圧が少し高いくらいではほとんど自覚症状はありませんが、血圧が高い状態が続くと血管の壁がもろくなり、脳卒中などの脳の血管の病気や狭心症や心筋梗塞などの心臓病、腎臓などの病気を引き起こしやすくなります。

血圧を上げる要因

食塩の取り過ぎ

食塩(塩化ナトリウム)の量が腎臓の排泄機能を上回ると血液中にナトリウムがたまるようになります。
これが問題で、ナトリウムの調節を行うために循環血液量が増加して血圧が上がります。

肥満

肥満は高血圧の危険因子であることが知られています。心臓から送られてくる血液の量は体重に比例して増加するため、そのぶん血管に負担がかかります。減量をすると高血圧が改善されることも知られています。

ストレス

ストレスは血圧を一時的にあげます。 ストレス状態が続くと交感神経が緊張したままで血圧は高い状態を維持したままになります。

喫煙

タバコに含まれるニコチンは血圧を上げる作用があり、その上、動脈硬化も進行するので狭心症や心筋梗塞の危険因子になります。

アドバイス

まずは減塩!

日本人は世界の中で文化的に塩を多くとっており、平均1日10g以上とっています。
1日6g以下を目標として食事を考えましょう。
レモン・酢などの酸味やしいたけ・のりなどの風味がある食品を利用すると、うす味でもおいしく食べることができます。めん類のつゆは、飲まないようにしましょう。外食、コンビニ食は一般に食塩が多いので気をつけましょう。

そして運動!

散歩などの有酸素運動をすることで血圧が下がることがわかっています。
1日30分以上を目標に散歩を心がけましょう。
ストレスを上手に発散するように心がけましょう
定期的に血圧測定しましょう。

鍼灸治療は高血圧に効果があることが研究されています。また、高血圧と併発しやすい糖尿病などの治療、ストレス解消などもあわせて行うことができ、 副作用がないのが特徴です。ぜひ、一度鍼灸治療をお試しください。


■かどむら鍼灸院(東洋医学研究所®グループ)
■院長/角村幸治
■住所/豊橋市上野町字新上野22-4
■TEL/(0532-47-2577)
■駐車場/院前に1台、裏に3台あります。
■交通/
・豊橋鉄道 渥美線「高師駅」より東へ徒歩10分
・松崎病院前バス停より西へ徒歩4分
・スギヤマ薬局すぐ前

診療時間
午前9:00〜12:00
午後5:00〜7:30

★午前9:00~12:00  ★午後5:00~7:30
休診/木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
お電話で診療ご予約承ります。お気軽にご相談ください。

86.45%