愛知県豊橋市で五十肩の治療なら渥美線高師駅近くのかどむら鍼灸院へ

はり適応症・対応疾患「五十肩」のご案内

五十肩って??

五十肩とは名前の通り50歳代に起こりやすい肩関節周りの炎症(正式病名は肩関節周囲炎)のことをいいます。四十肩は40歳代に起こる同じ病気になります。一生のうちに発症する割合は100人中2〜5人と言われます。
症状としては腕が上がらない、肩の痛み、肩から腕にかけての痛みがあります。初めは肩を動かすときに痛むだけですが、症状が進むと思うように肩が上がらなくなる、動かさなくても肩がうずくような痛みがでてきます。

肩関節の構造

肩関節とは、腕の骨である「上腕骨」と、「肩甲骨」とのつなぎ目を指します。
肩関節を動かす筋肉は大きく4つあり、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)、小円筋(しょうえんきん)の4つの筋肉が骨についている部分(腱)を腱板(けんばん)といいます。
主にこの腱板の炎症や部分的な断裂などが肩の痛みや動きの制限が起こります。腱板以外の肩関節の周りの組織が退行性変化を起こしても発症します。

五十肩は自然に治るの??

五十肩は急性期には腕が上がらない、痛みなどが強く、6ヶ月後より回復期に入り、自然に徐々に痛みが治まっていき、腕が正常に上がるようになると言われています。

しかし、五十肩になってから半分の患者さんが7年後に何らかの痛みや腕が上がりにくい症状をもっていることが報告されています。
五十肩を早くよくしたい方、症状が治りきらない方に鍼治療はお勧めです。鍼治療は肩の周りの腱、筋肉などに直接刺激することで、痛みの改善、血流改善、自然治癒力を引き上げて症状を改善することが見込めます。
ぜひ、痛くない鍼治療をお試しください。


■かどむら鍼灸院(東洋医学研究所®グループ)
■院長/角村幸治
■住所/豊橋市上野町字新上野22-4
■TEL/(0532-47-2577)
■駐車場/院前に1台、裏に3台あります。
■交通/
・豊橋鉄道 渥美線「高師駅」より東へ徒歩10分
・松崎病院前バス停より西へ徒歩4分
・スギヤマ薬局すぐ前

診療時間
午前9:00〜12:00
午後5:00〜7:30

★午前9:00~12:00  ★午後5:00~7:30
休診/木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
お電話で診療ご予約承ります。お気軽にご相談ください。

86.45%